韓国のパッチワーク
ポジャギ 

講 師 ポジャギ作家 久保田 陽子
受講日 第2金曜日 13:00~15:00
受講料 2‚700円 /月 *3ヵ月分前納となります。
教材費 1作品につき、2,000円~3,500円程度
持ち物 はさみ、へら、チャコペンシル、定規、まち針、カッティングボード、筆記用具

「ポジャギ」とは韓国の伝統的な布工芸で、独特な色彩と線の美しさが注目を集めています。この講座では、その基本であるチョガッポの技法により、暮らしを彩る可愛い小物を制作します。また基本をマスターした方には、光の透け感が美しい一重仕立ての作品にもチャレンジしていただきます。
材料はすべて韓国伝統衣装用の絹または麻を用います。
ポジャギ作品

◆カリキュラム
まずは「巻きかがりはぎ」や「サンチム」といった基本的な縫い方を学びつつ、小さな額、針山いろいろ、バッグにしのばせたいカラフルな袱紗、
そして韓国伝統の巾着(チュモニ)などの小物作りから始めます。

1日体験 随時可能です。※事前にご予約ください。
体験費 2‚700円 教材費別途

講師プロフィール

久保田 陽子
講師ブログはこちら http://sun.ap.teacup.com/yanja/

ポジャギの持つ色彩と線の美に魅せられ、独学で学び始める。POJAGIアートYangja-pang主宰。2008年、13年、東京・青山にて個展を開催。また「日韓交流ポジャギ展」「日韓閨房展」、「Korea Bojagi Forum」など、日本/韓国における数々の作品展に出展。創作活動のほかカルチャーセンター講師も務める。