特別公開講座 愛犬を元気にするドッグフード講座

講 師 犬の栄養管理士 とくみつ ゆみこ
受講日 10/6(金)  13:30~15:00 おやつのデモンストレーション:乾物deグラノーラ
受講日 10/20(金)  13:30~15:00 おやつのデモンストレーション:そば粉(米粉)のパンケーキ
受講料 各3,000円(材料費込・お土産付) <入会金不要>
持ち物 筆記用具
申し込み締め切り 10/6(金)は9/29(金)まで/10/20(金) は10/13(金)までにお申し込みください。

あなたの〝ワンちゃんが食べているドッグフード(ごはん)は、愛犬を元気にしていますか?〟
犬の平均寿命は年々延び続け、今や14歳(※)を超え、長生きになりました。その反面、病気を患ったり、介護を必要とするワンちゃんも増えています。
犬の病気の原因に「食べもの」は大きく関係しています。人間同様、犬の体も「食べたもの」でできています。毎日のドッグフード(ごはん)が、愛犬の将来の健康維持と健やかな長寿につながるよう、ドッグフード選びや意識したい摂りたい栄養のこと、おやつの与え方などについてお伝えします。「おやつ」作りのデモンストレーションもあります。
(※2016年度日本ペットフード協会調べ)

◆カリキュラム
10/6(金)
『ドッグフードと手作りごはん、どっちが良いの?』
◇ドッグフードはメーカーや値段ではなく〝愛犬の健康状態〟に合わせて選びましょう!
◇季節や気温に応じてドッグフードを簡単カスタマイズ(アレンジ)
◇「手作りごはん」のメリットとデメリットとは?
◇「手作りごはん」のレパートリーの増やし方
◆ご自宅にある乾物は犬のおやつにも使えます!身近にある乾物を利用してグラノーラ風のおやつを作ります!

乾物deグラノーラ
乾物deグラノーラ

10/20(金)
『愛犬の体調管理は飼い主さんの役割です』
◇犬のごはん(フード)の適量と必要量との違い(カロリーについて)
◇犬の体の働きをサポートする食材を取り入れる
◇「犬の不調の症状別」食べさせたい食材とメニュー例
(お腹がゆるい・皮膚や毛がパサつく時・食欲はあるのに吐く・鼻水や具合が悪そうな時他)
◆穀物では玄米以上に栄養があり、ヒフや粘膜の保護効果も高いそば粉を使い、ごはん替わりにもなるパンケーキを作ります(苦手な場合は米粉で作ります)

そば粉(米粉)のパンケーキ
パンケーキ

 講師プロフィール
外食産業へのメニュー提案、情報誌の編集・企画の仕事を経て、引越しを機に犬を飼う。その出逢いによってドッグフードに興味を持ち、動物栄養を学ぶ。2016年ペット栄養管理士取得(日本ペット栄養学会会員)。同年7月、「犬に安心して食べさせられる、安全でおいしいフードを作りたい」思いから、ドッグフード専門店『dog  yell(ドッグエール)』を創業。
犬の栄養管理士としても活動を開始し、毎月「犬のごはんのおはなし会」を高円寺で開催。
講師ブログ:http://ameblo.jp/gome-mama5050-dogyell
講師HP:https://dogyell.stores.jp